はい。 否が応でも無自覚に 責任を取らされている それが、事実です。