自分のことを もっと気にして欲しい 自分からのサインです。